2018/01/20 07:00

【長澤まさみと高橋一生in名古屋】「その時出会った相手が大切であればいい」

「嘘を愛する女」で恋人同士に扮した長澤まさみと高橋一生
「嘘を愛する女」で恋人同士に扮した長澤まさみと高橋一生

長澤まさみと高橋一生が共演する話題のラブストーリー「嘘を愛する女」が本日公開を迎える。実在する新聞記事に着想を得た嘘のようなホントの話のエピソードを、名古屋に訪れたふたりに語ってもらった。

本作で長澤まさみが演じる由加利は、業界の第一線で活躍するキャリアウーマン。中江監督からのオーダーは「すごく嫌な女性で」だったのだとか。「『嫌な』って言葉の裏には傲慢さや自分本位ということがあったり。協調性のないひとに当てはめられやすい言葉だけど、仕事や生きていく上では悪いことではない。でもそこにおごりもあって、由加利にはそういうところがあると思って演じていました」

そんな彼女が直面する事態は相当ヘビー。5年も同棲し、そろそろ結婚も…と考えていた矢先に、彼がくも膜下出血で倒れ意識は不明。しかもその素性は名前も、職業も全て嘘だったのだから。そんなミステリアスな男、桔平を演じたのが高橋一生。あえて「事前のプランニングはせず、現場で感じた雰囲気を大切にした」と明かし、撮影を「役者の芝居を尊重してくれる贅沢な現場でした」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >