2018/01/11 20:30

役所広司「陸王」から真逆の極悪刑事に挑戦!映画「孤狼の血」完成報告記者会見

全国キャンペーンに先駆け、物語の舞台となった広島で完成報告会見が行われた
全国キャンペーンに先駆け、物語の舞台となった広島で完成報告会見が行われた

広島県の架空都市・呉原市を舞台に、暴力団の抗争を描いた映画「孤狼の血」。2017年12月27日(水)舞台となった広島市内で完成報告会見が行われ、主演の役所広司、キャストの阿部純子、メガホンをとった白石監督、原作者の作家・柚月裕子が出席。2018年の注目作品ということもあり、記者会見には多くのマスコミ陣が詰めかけた。

ドラマ「陸王」での熱演が大きな話題となった役所。本作では「陸王」の熱血社長とは真逆の極悪刑事を演じている。「カーッと痰を吐くシーンがあって、ゲッと思いました(笑)。(役柄上)車もシートベルトをしなくてもいいから、なんか男らしいなって」と自身が演じたキャラクターを解説。役所との初共演となった阿部は「たくさん支えてもらったので、現場でもリラックスできて演じることができた」と撮影を振り返った。

白石監督は本作のオファーを受けた際に「勢いとか力強さを東映に取り戻したいなと。大丈夫かなと思ったけど、声をかけてもらったことが監督冥利に尽きるので、だったら思い切ってやろう」と覚悟を決めた挑戦であったことを明かした。往年の名作「仁義なき戦い」を思わせるようなシーンが散りばめられているが「現代の日本でバイオレンスな作品があまりないので、韓国映画を参考にしました。韓国はここ10年ぐらい、日本が本当はやらないといけない映画を撮っている。そこに対抗する映画を作ろうと思った」と着想の原点を明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >