2018/02/02 07:00

ヒュー・ジャックマンはやっぱりグレイテスト、な絶品ミュージカル映画!<連載/ウワサの映画 Vol.19>

ショービジネスの原点を築いた伝説の興行師フィニアス・テイラー・バーナムがモデル。芝居や音楽が上流階級のものだった時代に、一般市民にまで娯楽を広めた人です/©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
ショービジネスの原点を築いた伝説の興行師フィニアス・テイラー・バーナムがモデル。芝居や音楽が上流階級のものだった時代に、一般市民にまで娯楽を広めた人です/©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

「ミュージカルだからって、ヒュー・ジャックマンを出しゃあいいってもんじゃないわよ」ってことで、ザック・エフロンも共演とあり、置きに行った感にややシラけ気分だった「グレイテスト・ショーマン」。…でしたが、「19世紀の設定なのに、現代的でクールな音楽!」という冒頭からの意外性に加え、パワフルなキャスト&楽曲に体が勝手にノッちゃった!結局は「ほかの誰にできるの?この役」と、ヒューのスター性の高さを再認識するに至ったのでした。”ショーマン”のお話だけに、完璧に歌って踊れて、おまけにカリスマ性もないと務まらなかったってわけ。

舞台は19世紀半ばのアメリカ。幼なじみの妻・チャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)の幸せを願い、挑戦と挫折を繰り返してきたバーナム(ヒュー・ジャックマン)は、”髭女”らオンリーワンの個性を持つ人々を集めたショーで大成功!ですが、奇抜なショーには反対派も多く、裕福になっても社会には認めてもらえません。そんな折、若き相棒フィリップ(ザック・エフロン)の協力により実現したヴィクトリア女王への謁見の場で、美貌のオペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)と出会うバーナム。「ジェニーと組めば一流プロモーターとして一目置かれる!」と考えた彼は、ジェニーのアメリカツアーに全力を注ぐことに。一方、団長の座を任されたフィリップは、一座の花形・アン(ゼンデイヤ)との障害多き恋に悩みつつもショーを成功させようと奮闘。しかし、すべてを失いかねない波乱が彼らを待ち受けていました…。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >