2018/02/10 17:33

さあ、若者たちこそBリーグ会場へ!大学生の活躍に迫る  Go!Go!シーホースvol. 14

愛知学院DAYのリハーサルを取材。2月17日(土)・18日(日)のアリーナの盛り上がりに期待!
愛知学院DAYのリハーサルを取材。2月17日(土)・18日(日)のアリーナの盛り上がりに期待!

「何人いるの?」「組織図はどうなの?」など、プロバスケチームの運営は気になるところ。選手やヘッドコーチなど表舞台に出る人たちもいれば、球団社長や広報など裏で支える人たちもいる。シーホース三河に関して言えば、選手やスタッフを合わせて総勢29名の組織となる。

ただ、29名で数千人が来場する試合を運営していくのは難しい。そこで欠かせないのがアルバイトやボランティアスタッフだ。実際、アリーナへ行けば、大勢の人たちの協力があって試合が行われているのがわかる。

愛知学院大学(以下AGU)もその一つ。AGUは、アイシンシーホースの時代からチーム運営を手伝うために学生を派遣してきた。昨年2月、Bリーグ発足にあたり、新しくAGUとシーホース三河の産学連携包括協定を結ぶことに。簡潔に説明すると、プロチームの現場を学んでもらうために、学生たちにインターンシップとして参加してもらうというもの。今回はその学生たちの活躍にスポットを当てたい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >