2018/03/13 15:55

石橋陽彩「家族の思いがすごく伝わってくる熱い映画」 ディズニー新作「リメンバー・ミー」大阪舞台挨拶

ディズニー/ピクサー最新作「リメンバー・ミー」は3月16日(金)公開
ディズニー/ピクサー最新作「リメンバー・ミー」は3月16日(金)公開

ディズニー/ピクサーの最新作「リメンバー・ミー」(リー・アンクリッチ監督)が3月16日(金)より公開される。本作は、3月5日(現地時間4日)に行われた「第90回アカデミー賞」にて、長編アニメーション賞と主題歌賞の2部門を受賞、アメリカ公開時には3週連続1位を獲得、メキシコでは歴代興行収入1位を達成、中国では200億を突破、イギリス公開時も初登場1位を獲得するなど、全世界で大ヒットしている家族をテーマにした物語。公開に先駆け、アカデミー賞にて二冠達成が発表された3月5日(月)TOHOシネマズ梅田にて、舞台挨拶付試写会が開催され、上映後に日本版声優で主人公のミゲル役を務めた石橋陽彩(ひいろ)と、ミゲルを手助けするガイコツのへクター役を務めた藤木直人が登壇した。

声優初挑戦だった石橋は、「初挑戦ながら、ディズニー/ピクサーというすごい映画で主人公を演じさせていただいたということは、本当に光栄に思っております」と笑顔で語り、続けて「最初の頃は、こんな大役をやらせていただけるなんて、緊張と不安でしかなかったのですが、スタッフさんのサポートやディレクターさんが支えて下さり、今このステージに立たせていただいています」と感謝の意を述べた。藤木は、本作に参加することとなった経緯として、「どうせ受からないだろう」と思いつつオーディションを受けたことを明かした。オーディションは実際にワンシーンを演じるものだったと言い、「へクターの口の動きに合わせて台詞を喋るというのは、台本も見ながら、画面も見ながらで、すごく時間が掛かって大変だったんですよ」と述べ、実際にへクター役に決まった時には、嬉しかった半面、「あの作業が全編に渡ってあるんだと思うと、ちょっと気が遠くなりましたね」と、当時の心境を明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >