2018/03/28 12:00

2人のプロデューサーが語る細田守、そして『未来のミライ』。AnimeJapan 2018公開放送レポ

スタジオ地図の齋藤優一郎プロデューサー(写真中央)と日本テレビのターニャこと谷生プロデューサー(写真右)
スタジオ地図の齋藤優一郎プロデューサー(写真中央)と日本テレビのターニャこと谷生プロデューサー(写真右)

7月20日(金)から劇場公開される細田守監督の最新作『未来のミライ』。3月24日(土)、AnimeJapan 2018の日テレブースでは「金曜ロードSHOW!×スタジオ地図」が開催され、スタジオ地図の齋藤優一郎プロデューサーと日本テレビのターニャこと谷生プロデューサーが細田監督の人物像や気になる最新作のテーマを語った。

齋藤氏は、2006年公開の映画『時をかける少女』以降、細田監督作品のプロデューサーを務め、2011年には細田監督ともにスタジオ地図を設立。ターニャの愛称で知られる谷生氏は、金曜ロードSHOW!のプロデューサーを担当する以前は記者として海外特派員を務めていた異色の経歴の持ち主だ。2人の出会いは2012年の『おおかみこどもの雨と雪』公開時にさかのぼる。

谷生氏は「『おおかみこどもの雨と雪』公開に際し、(日本テレビでは)金曜ロードSHOW!で『サマーウォーズ』を、関東ローカルの深夜の映画天国では『時をかける少女』を放送しました。その時に両作品を観たんですが、すごいなあって泣いてしまって。2010年までエジプトにいたので“時かけ”を知らなかったんですよ。帰ってきて細田監督の作品に出会って、なんて素晴らしい映画なんだろうと思っていたら、作っている人に出会っちゃった」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >