2018/03/30 18:00

「ドッキュ麺」千葉県松戸市の超人気店「中華蕎麦 とみ田」に密着。ラーメン業界のトップを走り続ける富田治は今、何を想うのか 【初出しインタビュー掲載(ページ後半)】

「中華蕎麦 とみ田」の富田治店主
「中華蕎麦 とみ田」の富田治店主

フジテレビのドキュメンタリー番組『NONFIX』枠で、ラーメン店に完全密着し、その店の魅力を徹底的に深堀りしていくかつてないラーメンドキュメント『ドッキュ麺』が3月31日(土)26時15分より放送される。今回取り上げるのは、千葉県松戸市の「中華蕎麦 とみ田」。昼11時の開店にもかかわらず整理券を求めて早朝から行列ができるほどの超人気店で、遂には「とみ田」を題材とした映画が作られたほど。まさに名実共に「日本一のラーメン」と称されるお店である。

その「とみ田」を切り盛りする富田治店主は、「ラーメンの神様」と称される山岸一雄氏の「大勝軒」のラーメンに衝撃を受け、ラーメン職人を志す。2006年には「中華蕎麦 とみ田」をオープン。代名詞の「濃厚魚介豚骨つけ麺」で大行列店へと成長し、現在では系列店も合わせて9店舗まで拡大している。

そんな「中華蕎麦 とみ田」本店が、今年1月末に4ヶ月の改装工事を経て、リニューアルオープンを果たした。高まり続けるお客さんのニーズに応えるべく、リニューアルには富田の並々ならぬ想いが込められた。ラーメンの味はもちろんのこと、お店の内装や接客に至るまで、富田治店主の目指す高みとは一体何なのか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >