2018/04/06 15:02

“博多とは両思い!”宝塚花組トップコンビ・明日海りお&仙名彩世が5月の博多座に登場!

福岡で行われた記者会見に登壇した宝塚歌劇団花組トップスター・明日海りお&トップ娘役・仙名彩世
福岡で行われた記者会見に登壇した宝塚歌劇団花組トップスター・明日海りお&トップ娘役・仙名彩世

5月に博多座にて開催される宝塚歌劇花組公演。3月30日(金)に花組トップスターの明日海りお、トップ娘役の仙名彩世が来福し、公演についての意気込みや博多への思いを語った。

上演演目は、中大兄皇子、大海人皇子の兄弟が、女流歌人・額田女王をめぐって繰り広げる愛憎劇『あかねさす紫の花』と、ワインをモチーフにした華やかなショ―『Santé!!』(サンテ)の珠玉の2本立てで行われる。

■ 『あかねさす紫の花』について

『あかねさす紫の花』は1976年の初演以来、たびたび再演が行われ、上演の度に観客を魅了し続ける和物の名作。今回は中大兄皇子、大海人皇子、仏師の天比古の三役が役替わりで演じられるのも見どころのひとつ。中でも明日海りおは、中大兄皇子、大海人皇子、相反する二人の兄弟を演じ分けることになる。

明日海りお「この作品は、下級生時代に全国ツアー公演で参加しました。当時は大海人皇子が一人の女性を思う姿に、さわやかで素敵だなと、演じていて感じていました。今回役替わりをすることもあり、これまでの先輩方が演じられた作品も勉強のために拝見させて頂きました。それを観て、中大兄皇子の国を率いる男のカッコ良さをすごく感じましたし、両役とも、とても魅力的な役だと思いました。役替わりだからと、二つの役を単に対照的に演じるのではなく、それぞれの役でしかできない芝居の深め方ができたらと思っています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >