2018/04/07 15:40

森三中が映画「きかんしゃトーマス」初日舞台挨拶に登場!“黒沢流子守歌”も披露

『映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』の初日舞台挨拶に登場した森三中。会場のみんなが紙テープを投げて祝福
『映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』の初日舞台挨拶に登場した森三中。会場のみんなが紙テープを投げて祝福

2018年4月7日、『映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』が公開となり、森三中の黒沢かずこ、村上知子、大島美幸が初日舞台挨拶を行った。映画を見終わった観客が待つ会場に登場し、「映画、楽しかったですか~!?」と観客に声をかけたメンバーたち。すると、すぐに会場から「楽しかった!」と元気な子どもたちの声が響いた。

シリーズ長編最新作『映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』のテーマは、“フレンドシップ=友情”。ソドー島を飛び出して冒険に出発したトーマスと、旅先で起こる危機を、仲間たちと共に息のあったチームワークで乗り越えていく姿を描く。森三中のメンバーは、初登場となるキャラクターの実験用機関車レキシーを黒沢が、同じく実験用機関車セオを村上が、製鉄所で働くフランキーを大島が演じた。

それぞれのキャラクターを演じた感想を聞かれたメンバーたち。黒沢は「母性のあるレキシーをやらせていただいて、やり場のない自分自身の母性をぶつけられてよかった(笑)」と話し、村上は「男の子の役だったので自分の声がどんな風に表現できるかと不安だった」とのこと。「みなさん、セオをちゃんと演じることができてたかな?」と観客に尋ねると、会場からはたくさんの拍手が!息子がトーマスの大ファンだという大島は「自分たちが参加することでトーマスの歴史を壊してしまったらと不安で、演じる前の日は眠れなかった。といっても6時間くらいは寝てますけど(笑)」と話し、会場を沸かせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >