2018/04/10 11:32

逆襲のホンダ!SUPER GT開幕戦で昨年の悪夢を払拭

決勝日のKEIHIN NSX-GT/撮影:栗原祥光
決勝日のKEIHIN NSX-GT/撮影:栗原祥光

国内屈指の人気を誇るSUPER GT。その2018年シリーズの開幕を飾る「岡山300kmRACE」の予選が4月7日、決勝が4月8日、岡山国際サーキットで行われ、GT500クラスはKEIHIN NSX-GTがポール・トゥ・ウイン! RAIBRIG NSX-GTが2位に入り、昨年の開幕戦岡山のオープニングラップから次々とマシンがストップするという悪夢のような出来事を見事払拭した。

■ 目まぐるしく変わる寒い岡山

午前中に公式練習、午後から予選が行われた4月7日は、朝から厚い雲に覆われ肌寒い陽気。冷たい風がサーキットに吹いていた。

9時から10時45分まで行われた予選走行では、元F1ドライバーのジェンソン・バトンと2010年からSUPER GTでステアリングを握る山本尚貴がドライブするRAYBRIG NSX-GTがミッション付近からのオイルが漏れるトラブルが発生。

同じトランスミッションを使うEPSON Modulo NSX-GTもミッション不調により周回をこなすことができなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >