2018/05/12 11:00

倒幕のモチベーションはセンセイの仇討ち!? 

松陰センセイの直弟子にして、最も濃ゆく薫陶を受け、奇兵隊の「開闢総督」(本人命名)となり、長州藩の保守派と幕府軍をぶっ潰した高杉晋作。
松陰センセイの直弟子にして、最も濃ゆく薫陶を受け、奇兵隊の「開闢総督」(本人命名)となり、長州藩の保守派と幕府軍をぶっ潰した高杉晋作。

■ 幕府の寿命を縮めた安政の大獄

今年2018年は明治維新からちょうど150周年の節目。50周年、100周年の時もそうだったように、全国各地で様々なイベントが催され、歴女や幕末ファンを中心に盛り上がっている。また、資料館や施設などハコモノの建設やリニューアルが相次ぎ、秋には国の式典も予定されている。

NHK大河ドラマ『西郷どん』が好評なのも、そうした追い風を受けてのことだろう。そのドラマでは今、維新のちょうど10年前、安政の大獄のあたりを描いている。幕末に興味がない人でも耳にしたことがあるはずの、安政の大獄。徳川幕府の大老(総理大臣クラス)井伊直弼が、政治的に対立する諸大名から庶民に至るまで多くの人々を厳しく弾圧した事件だ。

大河でも、佐野史郎の静かだが底にコワ~いものを秘めた井伊大老が、伊武雅刀演じるガンコじじいの徳川斉昭や、松田翔太の「ひーさま」こと一橋慶喜たちをバッサバッサと処罰した。そして、次の放送回では西郷隆盛の盟友で、ジャニーズの風間俊介演じる橋本左内も死ぬ(だろう)。ところが『西郷どん』には、この大弾圧で処刑された超重要人物が登場していない(第17回時点)。吉田松陰センセイだ!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >