2018/05/11 18:22

岡田奈々さんらAKB48グループのメンバーがWキャストで臨む舞台、劇団れなっち「ロミオ&ジュリエット」

白組でロミオを演じる神志那結衣さんとジュリエットを演じる岡田奈々さん
白組でロミオを演じる神志那結衣さんとジュリエットを演じる岡田奈々さん

 5月9日、劇団れなっちの舞台「ロミオ&ジュリエット」が開幕。本作は、AKB48グループの中からオーディションで選ばれた32名による「劇団れなっち」による公演。加藤玲奈さん(AKB48)が座長を務め、白組と黒組の2組に分けて、ダブルキャストで臨む。9日に白組が、10日に黒組が初日を迎えたが、初日に先駆けて会見が行われた。出席したのは、責任演出を担当した堤幸彦氏、劇団れなっち主宰の加藤玲奈さん、白組ロミオ役の神志那結衣さん(HKT48)とジュリエット役の岡田奈々さん(AKB48/STU48)、黒組ロミオ役の藤田奈那さん(AKB48)とジュリエット役の福岡聖菜さん(AKB48)の6人。

 「初舞台の方も多いと聞いておりますが、オーディションを経て、一人一人の熱がすごくて、技術的にどうとか個性としてどうとか、そういうところを乗り越えて、本当の劇団のようになっていく様が毎日発見できたことを演出のはしくれとして驚いております。そのお芝居を見ておりますと、いろんなことを追加したくなるので、これからも思いついたことをちょっと追加しようかと思っています。この人たちはそういうことにも見事に応えてくれるので、さすが板の上にあがるとAKB48は強いなと確信している次第であります」と、堤氏は出演するメンバーたちの成長を目の当たりにし、この公演の手応えを感じているようだった。今回、プロデューサー的な立場でメンバーたちの稽古の様子を見てきた加藤玲奈さんは「最初は正直、不安もありましたけど、メンバーのおかげですごく素敵な舞台になったと思いました。白組黒組それぞれ違った良さがあって、私もすごく刺激を受けましたし、頑張ろうと思えたので、劇団をやって本当によかったと思っています。堤さんにはいろいろお世話になりました」と、初日を迎え、ワクワクしている気持ちを伝えてくれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >