2018/05/18 11:30

ウェス・アンダーソン監督×日本=新次元のストップモーション・アニメ!<連載/ウワサの映画 Vol.34>

エドワード・ノートン、ジェフ・ゴールドブラム、スカーレット・ヨハンソン、フランシス・マクドーマンドら豪華声優陣が集結。野田洋次郎、渡辺謙、夏木マリら日本人キャストも!/©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
エドワード・ノートン、ジェフ・ゴールドブラム、スカーレット・ヨハンソン、フランシス・マクドーマンドら豪華声優陣が集結。野田洋次郎、渡辺謙、夏木マリら日本人キャストも!/©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

ウェス・アンダーソン監督最新作は、自身2作目となるストップモーション・アニメで、日本が舞台の「犬ヶ島」!「グランド・ブダペスト・ホテル」に続き、ベルリン国際映画祭の銀熊賞(監督賞)を2作品連続受賞となった話題作です。魅惑のウェス・ワールドを表現するには、もはや実写では限界なのか!?...という勢いの新感覚アニメには、彼の美学がギュウ詰め。ファンタジーな日本もクールだし、言葉が通じない主人公(母国語=日本語)と犬たち(同=英語)に芽生える友情も絶妙にリアル。さらに、毎度のごとく「カメオでも出たい」役者殺到で超豪華な顔ぶれとなったボイスキャストの中に、あのヨーコ・オノを投入しちゃうという異趣!... さすがのセンス。

舞台は20年後の日本。”ドッグ病”が大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、「すべての犬を“犬ヶ島”に追放する」と宣言し、手始めに市長宅の護衛犬・スポッツを島送りに。ある時、愛犬で親友のスポッツを救うため、市長の養子で孤児である12歳の少年・アタリ(声:ランキン・こうゆう)が小型飛行機で島に到着。彼は、レックス(声:エドワード・ノートン)ら、島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを相棒とし、スポッツの探索を開始します。メガ崎市で深まる”親犬派”と”反犬派”の対立を背景に、未来が見える伝説の犬の予言に従い旅を続けるアタリと犬たち。そんな彼らを待ち受ける大人たちの陰謀とは…!?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >