2019/01/22 14:05

木村拓哉『鉄腕!DASH!!』での横柄な態度と過剰なヨイショ、ツッコミ不在でいいの?

 20日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)に、木村拓哉がゲスト出演した。18日より公開中の木村拓哉の主演映画『マスカレード・ホテル』を宣伝する目的だったが、視聴者の感想は「さすが木村拓哉!」でもあり、「あの木村拓哉が……」でもあり、現在の木村拓哉が置かれているポジションが一目でわかる複雑な番組構成になっていた。

 この日の『DASH』は、一時間まるまる、廃棄食材を調達して美味しい食事を作る「0円食堂」のコーナー。舞台は千葉県香取市で、国分太一、長瀬智也と木村拓哉の3人が、農家などをアポなしで訪問して廃棄食材を分けてもらった。

 まずロケ現場が“香取市”であり、訪問先には「香取さん」というお宅もあったことが、視聴者の話題をさらった。2016年に惜しまれつつ解散したSMAPだが、ジャニーズ事務所からの離脱に積極的だったのは香取慎吾であり、当初はその計画に乗っていた木村拓哉が途中で離反したという筋書きが盛んに報じられた。それゆえ「香取と木村は不仲」との説が根強く、「香取市の香取さん」と木村拓哉の共演に、番組スタッフによる何かしらの意図を感じるという声は大きい。

 ただ、メンバー間の仲違いによる解散という説を疑うSMAPファンも多い。ジャニーズ事務所に残った木村と中居正広も、いずれは新しい地図へ合流するのではないかとの見方はまだ完全に消えてはいない。

 そんな意味深演出でザワついた『DASH』。一方で、大スターとしてジャニーズ事務所の影響力を拡大した偉大なる先輩・木村拓哉に対するTOKIOメンバーの態度が「いかにも接待」であったことも放送中は話題になった。

 道の駅での合流から、木村が0円食堂コーナーのユニフォームである青いジャージに着替えるとTOKIOは歓声、木村の繰り出すアイデアを国分が賞賛し、キッチンカーの運転を木村が買って出るとまたまた賛辞を送った。最終的に食材を集め、キッチンカーで割烹着を羽織りいくつもの料理を作った3人だが、木村が即席で考案した炒め物の味を国分と長瀬は過剰に褒めちぎり違和感があるほどだった。

 もちろん木村の料理は美味しいのだろうし、キャラクター的にも城嶋茂のようなツッコミありきで輝くタイプでもない。しかし『DASH』といえば編集テロップでの出演者へのツッコミがお約束だが、それもなく、画面からは緊張感が漂っていた。昨夏、映画『検察側の罪人』のPRでも、嵐の二宮和也による木村ヨイショが過剰な印象は強かったが、終始ツッコミ不在の状態が続くと、木村も“カッコイイキムタク”を演じ続けなくてはならず、気の毒でもある。

 木村拓哉自身がその扱いをどう捉えているかはわからないが、「さすがキムタク」を続ければ続けるほどわざとらしいヨイショに見え、滑稽に写ってしまう点は否めない。特にTOKIOメンバーはSMAPと世代的には大きく変わらないため、もっとフラットな接し方をしたほうが違和感がないのでは。

 たとえば、「0円食堂」コーナーにおいてタレントは廃棄食材をもらうべく農家の方々にお願いをする立場のはずだが、木村の基本スタイルは青ジャージのポケットに両手を突っ込むか、腕組みか。寒さの厳しい季節のロケとはいえ、国分と長瀬がポケットに手を突っ込んで歩くような場面はないため、木村の基本スタイルがやたらと横柄に見えてしまう。豚肉加工場での交渉中も、国分と長瀬は両手を股間付近で合わせて低姿勢にしていたが、木村は腕組み姿勢で目立った。それを国分なり長瀬なりが指摘し、木村が気付いて正すなどしていたら、ひとつのツッコミが成立するし、過剰に気を遣った見え方も和らいだかもしれない。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >