2019/03/24 19:05

NGT48だけじゃない 秋元康プロデュースアイドルすべてに共通するグロい構造

 3月21日、NGT48暴行事件に関する第三者委員会の調査報告書が公表された。

 翌22日に開かれた会見途中では、山口真帆が会見内容についてツイッターで異議を申し立て、改めて運営と被害者とのコミュニケーションが成立していないことが浮き彫りになった。これでは今後の活動においてもまともな安全管理ができるわけもなく、社会全体で引き続きAKSおよびNGT48運営に対して調査と再発防止策を徹底するよう指摘し続ける必要がある。

 報告書や会見の内容を受けて、アイドルファンからも「NGT48は解散不可避では?」といった声が漏れているが、報告書をよく読めば分かる通り、この事件は他のAKB48グループや坂道シリーズの各グループにとっても他人事ではない。

 NGT48に起きたこの問題は、タレントとファンの距離が近くなり過ぎたことによって芸能プロダクションの安全管理が行き届かなくなって引き起こされた事件だが、そのようにアイドルのプライベート領域にファンが入り込む構造の根本には「握手会」、そして、「総選挙」があるからだ。

 このことは報告書にもはっきり明記されている。

<握手会の際の握手券の「まとめだし」は、長時間握手しながら会話ができ、疑似の私的領域での接触の機会ともいえる状況になるところ、握手会の場において、ごく一部のファンから、私的領域において他のメンバーがファンに接触していること、この接触が握手券の売上や、総選挙における投票数につながっていることなどを暗に伝えられ、自らと私的領域において接触を保てば、同様に有利な立場になり得ることをほのめかされるメンバーもいた>

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >