2018/06/03 19:00

12年に1度の幸運期に突入したとき、いちばんやっちゃいけないNG行動

 実は今、蠍座は12年に1度の幸運期を迎えている。でもなかには「去年と今年、別に変わったことは起きていない」と感じている蠍座さんもいるかもしれない。そもそも幸運期とは何? 幸運期にしたほうがいいことや、NG行動は? 人気占い店 店長・まついなつきに聞いてみよう。

■ラッキーが降ってくるのが幸運期ではない

 占星術でいう「12年に一度の幸運期」とは、発展や幸運を示す「木星」が滞在している時期を指す。木星の公転周期は約12年なので、12年に一度、自分の星座に幸運期がくることになる。蠍座は、2017年10月10日から2018年の11月8日までが幸運期に当たるという。

 幸運期と聞けば、宝くじに当たるとか、ずっと片思いしていた相手が突然振り向いてくれるとか、予想外のラッキーが次々に起きるイメージだろう。でも何の努力もせずにラッキーが降ってくると考えるのは大間違い。まついによれば「今まで準備してきたことがワーッと花開く時期」なのだそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >