2017/02/10 18:00

12星座【寒い時期の養生法】蟹座・蠍座・魚座は、あたたかいものを食べ、むくみに注意!

 2月に入っても、インフルエンザの流行や気圧の変化による頭痛など、まだまだ体調が崩れやすい日は続きます。この寒い時期から春にかけて、どのような方法で身体を労わればいいのでしょうか。今回は、寒い日の養生法を星座のエレメント別に紹介いたします。

■牡羊座・獅子座・射手座(火のエレメント)……早めに休み、乾燥を防ぐ
 どの星座よりも、比較的体力や免疫力がある火の星座。寒い日でも、活発に動き回ることが多いでしょう。しかし、調子に乗りすぎて無茶をしてしまいがち。寒い日は、こまめに休憩をとったり、早めに睡眠をとるように心がけましょう。また、火の星座は肌や喉が乾燥しやすい体質でもあるので、加湿器を使って乾燥を防ぎましょう。

■牡牛座・乙女座・山羊座(地のエレメント)……運動で身体をあたためる
 寒い冬は、じっとしていることが多い土の星座。運動不足から血行が悪くなりがちです。血流が悪くなると、冷え性や肩こりの原因になります。部屋の中でできるストレッチやマッサージ、外に出るときは普段よりちょっと速めに歩くなどして、身体を温めましょう。仕事で忙しい人は、合間に肩や足首を回したり、膝の裏を揉んで血流をよくするのがオススメ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >