2017/12/07 07:00

たった20問、わずか5分で自分の本質を知る 話題の「ディグラム診断」

 テレビや雑誌で話題の「ディグラム診断」をご存じだろうか? “新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、開発者の木原誠太郎(38)氏をスタジオに招き、ディグラム診断を体験した。

■所要時間5分。20の質問に答えるだけで性格傾向がわかる

 「ディグラム診断」とは、1400万人のデータをもとに独自に開発した性格診断プログラムのこと。やり方はとっても簡単で、「自分はコミュニケーションにおいて相手の細かいところが気になるほうだ」といった簡単な20の質問に、「はい」「どちらともいえない」「いいえ」の3択で答えるだけ。回答を「厳しさ(CP)」「優しさ(NP)」「論理性(A)」「自由奔放さ(FP)」「協調性(AC)」の5項目で分析し、グラフ化したその波形から診断、27の性格傾向がわかるという。

■ディグラム診断の目的は自分を知ること

 「ディグラム診断」の目的は、ズバリ自分の性格を「見える化」すること。「見える化して自分の性格に気づけたら、なりたい自分を意識して行動に生かせばいい」と、木原氏は語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >