2017/12/17 18:00

『前前前世』大ヒットのRADWIMPS ボーカル野田は表現者としてマルチに活躍

 4人組ロックバンドRADWIMPSの『前前前世(movie ver.)』(ユニバーサルミュージック)が、「2017年JOYSOUNDカラオケ年間ランキング」で3位を獲得した。“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、風水芸人・出雲阿国がRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎(32)の魅力にせまった。

■野田洋次郎は芸能界向き! 

 2016年に公開され大ヒットを記録したアニメ映画『君の名は。』の劇中音楽を全て手がけ一躍脚光を浴びたRADWIMPS。そのRADWIMPSを率いるのが、ボーカル、ギター、作詞作曲を担当する野田洋次郎(32)であり、今年はドラマ『100万円の女たち』(テレビ東京)で初主演を務めるなど、活躍の幅を広げている。

 そんな野田について出雲阿国は「すごく繊細で、傷つきやすいタイプ」と診断。「私生活が仕事に影響しやすいのですが、自分の経験を曲にするのが上手」と野田のアーティストとしての資質を評価した。俳優としての活動も「何をするにも色気がまとう方なので艶っぽい演技ができるはず。表現者として俳優業も向いている」と今後の活躍に期待を寄せる。

 あまり知られていないが、野田は俳優デビューとなった映画『トイレのピエタ』で、日本アカデミー賞新人賞やスポニチグランプリ新人賞を受賞するなど演技力も高い評価を受けている。星野源(36)や桐谷健太(37)などジャンルを超えて活動するアーティストが増えている中、音楽以外で野田洋次郎の名前を見る機会も増えそうだ。
(コティ丸)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >