2018/01/09 17:00

【心理テスト】飛んで行った鳥の数と方角でわかる、近いうちに入る報せと吉凶

 いにしえの古代都市には、鳥の飛び方や飛ぶ方向で吉凶を知る占いがあったと伝えられています。今回は、この鳥占いにちなんだ心理テストを紹介します。

【質問】
 目の前で、鳥が「A羽」飛び立ちました。そして鳥は、東西南北の「Bの方角」へ飛んでいきました。

 A、B、それぞれに当てはめるものを考えてください。

 あなたはどうイメージしましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「近いうち入る報せ」
 鳥は、知らせを運んできます。飛び立った鳥の数は報せの内容、東西南北の方向はその吉凶をあらわしています。

■「A」鳥の数……報せの内容
 鳥の数として思い浮かべた数字が、報せの内容を暗示しています。10以上の数字の場合は、足し合わせて、一桁の数字にします。

例)「263羽」→2+6+3=11→1+1=2

<数字が暗示していること>
・1……仕事関連
・2……恋愛
・3……交友関係
・4……家庭問題
・5……アクシデントやトラブル
・6……趣味に関すること
・7……スピリチュアルや神秘
・8……名誉に関わること
・9……想定外の何か

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >