2018/01/29 19:00

「細かすぎて」で活躍の360°モンキーズ解散 『ピタットTV』にだけ語った解散秘話

 1月末での解散を発表した360°(サブロク)モンキーズが、 “新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)で最後のテレビ出演を果たした。20年来の知り合いというMC・コトブキツカサ(44)らが見守る中、ココだけで語った引退の真相、そして彼らの本音とは?

■山内の決断から1カ月のスピード解散だった

 芸歴20年を誇るベテランコンビ、360°モンキーズ。2018年に入って山内崇(42)が「お笑い芸人を辞めたい」と杉浦双亮(41)に相談、今月いっぱいでの解散が急遽決まったという。

 360°モンキーズといえば、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の人気コーナー「博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~」での活躍が記憶に残る。しかしここ数年は、コンビとしての仕事は減少。山内はラーメン店の店長として働き、杉浦は独立リーグに所属しプロ野球選手と芸人の二刀流で、コンビでの活動を続けてきた。なのになぜ、いま突然の解散なのか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >