2018/02/12 12:00

俳優・原田泰造と「もう一度組みたいと思った」 映画『ミッドナイト・バス』の監督が語った制作秘話

 話題の映画を紹介する“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)「ピタットWeekly Movie」。今回は、ネプチューン・原田泰造(47)主演の映画『ミッドナイト・バス』を取り上げ、火曜MCの映画パーソナリティー・コトブキツカサが竹下昌男監督(58)から制作秘話を聞き出した。

■俳優としての原田を認めていなかった

 『ミッドナイト・バス』は、原田演じる新潟と東京を結ぶ長距離バスの運転手が主人公。山本未來(43)演じる16年前に離婚した妻が偶然バスに乗ってきたことをきっかけに、止まっていた家族の時計が動き出すという物語だ。2人の子ども役を葵わかな(19)と七瀬公(23)が、主人公の現在の恋人を小西真奈美(39)が演じている。

 竹下監督と原田は、2004年公開の映画『ジャンプ』でもタッグを組んでいた。よほど原田にほれ込んでの再オファーかと思いきや「俳優としての原田くんを認めてはいなかった」という。「原田くんは芸人さんということもあって、アドリブだったり言いやすいようにセリフを変えてしまったりするところがあった。『映画のセリフにはちゃんと意味があるんだから』と話し合い、それが課題だった」と、監督は当時を振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >