2018/02/25 20:30

【占いトリビア】星座の境目に生まれた人は、前後どちらの星座の影響を受けるの?

 星座と星座の境目に生まれた人に多い「あるある」として、「雑誌や本によって、自分の星座が前後する」「性格判断や運勢を見るとき、前後どちらの星座を参考にすべきか迷ってしまう」といったものがあります。今回は、星座の境目生まれの人が抱える、そうした疑問にお答えします。

■星座が前後するのは、「春分点」が年によって変わるから

 牡羊座、牡牛座、双子座……といった12星座は、正確には「黄道12星座」といいます。黄道とは、地球から見て、太陽が1年をかけて1周する軌道のこと。占星術では、春分点(春分の日)を牡羊座の0度として黄道を12分割して星座の区分を割り出していきます。

 しかし、黄道12星座の起点となる春分点は一定ではありません。そのため、星座と星座の境目は、その年によって1~2日ほどズレることがあります。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

■春分の日=その年の星座のスタート地点

 ここで思い出してほしいのが、「春分の日は毎年同じ日ではない」ということ。2019年は3月21日ですが、2017年は3月20日でした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >