2018/03/22 17:00

【運命線×仕事に影響を与える人】下向き支線が金星丘から伸びている人は身内を大切に!

 「運命線」は、別名「仕事線」ともいい、その人の仕事運がわかります。今回は、運命線上にあらわれる下向きの支線で「あなたの仕事に影響を与える人」を見ていきましょう。

【運命線でわかる仕事運】第7回 仕事に影響を与える人
<運命線の見方>
 運命線とは、手首から中指に向かって伸びる縦線のこと。手首あたりに出ている短い線でも、手のひらの真ん中に出発点があっても、中指に向かって伸びていれば運命線と考えてOK。手の平全体から運命線を探してみましょう。※詳しい運命線の図はこちら

運命線から出る下向きの支線をチェック!
 運命線上にあらわれている下向きの支線を見てみましょう。どこから伸びているのか? 支線状に島や障害線がないか? そこからあなたの仕事に影響を与える人がわかります。

■「金星丘」から線が出ている……身内が支えてくれる
 「金星丘」とは親指の付け根部分に広がるふくらみのこと。金星丘は、生命力や愛情運のほか、肉親、故郷との縁を司っています。運命線の支線が金星丘から伸びていたら、両親や親類縁者といった身内が物心両面で支えてくれるサインです。支線が濃くハッキリ出ているほど、その恩恵は大きく頼りになるものである模様。身内を大切にしましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >