2018/03/25 21:00

風水で大凶とされる間取り 引っ越しせずに対処するには?

 “新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)の人気コーナー「開運身辺チェック」のゲストに、キングコング・梶原雄太(37)が出演。開運セラピスト・紫月香帆が、梶原の自宅間取り図から家相を鑑定した。

■梶原の自宅の問題箇所はトイレだった

 風水では、家の中心から見て東北の方角を鬼門といい、そこにトイレやキッチンなどの水回りや、玄関があるのは大凶とされている。梶原の書いた間取り図を見た紫月は、「梶原さんの自宅は、トイレが鬼門にある」と指摘。「この家の中でいちばんマイナスな場所にあたり、悪い気が入りやすかったり、発生しやすくなったりします」と解説した。

 マイナスの場所と言われても、間取りを変えたり、急遽引っ越したりは、誰にとっても難しい。そこで紫月は「悪い気を発生させないために気をつけること」3点を教えてくれた。それは、「1.常に清潔に保つこと、2.悪臭を除去すること、3.換気をしっかり行うこと」の3つで、これならふだんから意識すれば継続して取り組めそうだ。また、3や5など奇数本の炭をトイレに置くのもおすすめなのだとか。「炭は悪い気も悪臭も吸ってくれるので、すごく効果がある」そうなので、さっそく取り入れてみるといいかも。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >