2018/04/21 20:00

開運セラピスト・紫月香帆 長い道のりも、つらい坂道も。占いで人生を漕ぎ進むアシストを

 迷っているとき、落ち込んでいるとき、私たちを勇気づけてくれる占いの言葉には、占い師の思いや生きざまが凝縮されている。第一線で活躍する占い師たちは、どんな人生を歩み、占いとどう向き合ってきたのか。「職業・占い師」その知られざる素顔に迫る。

 20冊超の著書をもつ、開運セラピスト・紫月香帆さん。その累計売上数は50万冊以上というから、延べ50万人以上の読者が紫月さんの本を手に取り、風水を実践していることになる。「具体的でわかりやすい」と人気の高い自身の鑑定を「病院」にたとえる、紫月さんの真意は?

■活躍寿命を意識して、動いてほしい

――『カイケツJAPAN!』などの番組に出演中の紫月さん。紫月さんといえば、番組で鑑定した後に「やってみてください!」とエールを送る姿が印象的です。

 私の鑑定に来るお客様は、「これから私、どうなりますか?」と漠然と迷っている人よりも、「具体的に成功に導いてほしい」「幸せな方向へ進みたい」など、次を取りに行きたいと考えている人が多いんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >