2017/11/16 08:28

秋の味覚は「調理法」がカギ! 効果的にアンチエイジングする方法

立冬を迎えたとは思えないほど暖かい日が続いている11月ですが、地域によるものの、多くのところで年内例年よりも気温の高い日が続くことが予測されています。そのため少しずつ冬に向かいつつも、まだまだ秋の味覚を楽しむことができそうです。

そこで今回は、秋の味覚で効果的にアンチエイジングする方法についてご紹介したいと思います。

秋の味覚といえば、これ!

秋の味覚といえば、思い浮かぶのがサツマイモ、サンマや鮭、椎茸やシメジなどのキノコ類の他、栗やブドウ、柿といったフルーツなど。どれも美味しく食欲が進みますが、これらの秋の味覚にはどのような栄養が含まれ、それを効果的に取り入れるためにはどのように調理すべきかを知っている人は少ないのではないでしょうか。どうせ食べるなら、後々嬉しい効果を実感できるのがベストです。以下、詳しくお話ししていきましょう。

(1)鮭

ミス・ユニバースの本大会前の合宿でも1日2回出されるという鮭は、高い美容効果とアンチエイジング効果がある食材です。それもそのはず、鮭には「若返りのビタミン」の異名を持つビタミンEの約1000倍もの抗酸化作用があるといわれています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >