2019/05/08 18:00

ご飯の代わりにサラダ! 吉野家から超ヘルシー「牛サラ」爆誕。

吉野家がライザップと初コラボレーションし、共同開発による新メニュー「ライザップ牛サラダ」(540円)を、2019年5月9日10時から、吉野家店舗(一部店舗のぞく)で販売します。

とろ~りとろける半熟卵とどうぞ!

「ライザップ牛サラダ」は、吉野家の牛丼の具をご飯でなくサラダと共に楽しむメニューで、吉野家の牛丼の具をご飯以外の食材と共に提供するのは史上初とのこと。

サラダはスチームした鶏もも肉、茹でたブロッコリー、ミックスビーンズ、キャベツとレタスの生野菜サラダ、半熟玉子の合計6種類の食材で構成されており、一食で推奨される1日の野菜量の3分の1(※)を摂取することができるそう。

注文を受けてから、丼にたっぷりのサラダと熱々の肉、玉ねぎ、うまさの染みわたったタレをお玉で盛り付け、半熟卵をトッピング。個包装の和風醤油ドレッシングと共に提供されます。

カロリーは430kcal、タンパク質30g、脂質27g、糖質12.2g、食塩相当量2.0gと、「牛丼」の要素もありながらライザップが提唱する高たんぱく質、低糖質を叶えた「ボディメイク」もできる新商品です。

「牛丼は食べたい。でも、ボディメイクも気になる」というユーザーのニーズに応え完成しました。

熱々の牛丼の具とタレ、とろける半熟卵とともに、ボリュームあるサラダをどうぞ!

(※)厚生労働省・健康日本21・1日の野菜摂取目標量350より算出

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >