2019/06/13 16:55

「過去最高の仕上がりだわ」 めっちゃうまい半熟たまごの作り方。

ひと手間加えるだけで激変! おいしい半熟たまごのゆで方がSNSで話題になっています。

通が教えるゆで方のポイント

2019年6月11日放送の情報バラエティー番組「マツコの知らない世界」(TBS系)で、「ゆでたまご」が特集されました。15年間毎日10個卵を食べているという、鶏卵卸業を営む小林真作さんが、司会のマツコ・デラックスさんにゆでたまごのおいしい食べ方をレクチャーしました。

放送後、ツイッターではその作り方をマネしたらおいしくできたという人が続出しました。

「マツコでやってたゆで卵の作り方試したら、ホント完璧なの出来た!」

「ほんとにとろっとろ半熟黄身の美味しいゆで卵できた...。これは前のやり方に戻れない...すごい」

「マツコの番組でやってた通りゆで卵作ったら(我慢できなかった)人生で一番ベストな半熟卵できたしめっちゃおいしかった」

「剥きやすい上に白身はしっかりしているのに黄身がはちゃめちゃ柔らかい感触のする完璧な半熟ゆで卵ができた」

小林さんのゆで方のポイントは以下のとおりです。

    (1)卵のおしりに少しだけ穴を開けます

穴を開けることで殻が剥きやすくなり、白身が滑らかな口当たりになります。

    (2)お湯は高さ18mmで、沸騰してから卵を入れます

卵を入れた最初の1分30秒は菜箸でゆっくり卵を回すと、黄身と白身のバランスが美しくなります。その後は蓋をして加熱します。

    (3)半熟の場合は6分30秒茹で、10秒以内に取り出し、氷水で冷やします

もっとしっとりさせたい場合は8分30秒、固めは10分が目安です。

また、以下のような卵を選べば失敗しないそうです。

    (1)新鮮な卵ではなく、購入してから3日以降の卵がベスト
    (2)冷蔵庫で冷えている卵ではなく、常温
    (3)Mサイズ

いつものゆで方と比べてみました

まずは東京バーゲンマニア記者がこれまでやってきた方法で茹でます。卵はローソンストア100で購入した「赤たまご」(4個・108円)を使用しました。

    (1)卵が隠れるくらいの高さ(約40mm)の水と、冷蔵庫から取り出した卵を鍋に入れ加熱します。
    (2)沸騰したら少し火を弱め、約6分30秒茹でます。

すると、しっとりしたゆでたまごが完成しました。黄身のバランスが悪く、包丁でうまく切れませんでした...。味はおいしかったです。

次に、小林さんのレシピで作ります。購入2日目ではありますが、同じ赤たまごを使用しました。おしりの穴は、裁縫用の針で開けました。殻が固いので、やや力が必要でした。

手順通りに進め、完成したゆでたまごの殻を剥きます。先ほどは殻と一緒に、白身も少し剥がしてしまいましたが、今度はスルスルと剥けます。殻と白身の間に、水分が多めに含まれているように感じました。

さっそく塩をかけて食べてみます。黄身がとろりとしていて、まろやかな味わいが口に広がります。自分で作ったゆでたまごとしては、過去最高の仕上がりです。味付けは異なりますが、"ラーメン専門店の味たま"のようなクオリティです。

これからゆでたまごを作る際はぜひ試してみて。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >