2018/03/30 20:00

“めで鯛”だけじゃない! 古来から伝わる「縁起食」とは?

■ 慶び、捧げる縁起食

祝いの席に欠かせない食べものといえば、赤飯と並び、鯛も知られる。“めで鯛”という語呂合わせもさることながら、腐りにくく、崩れにくい立派な姿形も好まれたという。紅白のほか、黄色い食べものも福を呼ぶ縁起物。

【紅白:物事を清める色合わせ】

白は清浄、赤は邪気を祓うとされる。その2つの色を組み合わせることで、物事を清めるという願いが込められている。梅をかたどり、縁起を重ねて。

井上蒲鉾店
梅花はんぺん 10枚(紅白各5枚)¥1,560
昭和6年から続く、神奈川県鎌倉市に本店を置くかまぼこ専門店の看板商品。かまぼこの生地で作られる梅花をかたどったはんぺんは、一般的なそれとは異なる食感とコシを持つ。●神奈川県鎌倉市由比ガ浜1‐12‐7 TEL:0467・22・1133 8:30~18:00 水曜休

【赤飯:赤米に見立て供えたのがはじまり】

日本人が古代から食べていたのは赤米といわれ、その古にならい、もち米に小豆やササゲを入れ、赤く炊いた。小豆や赤い色は邪気を祓うとされる。

福茶屋
赤飯 六角折巾着袋付き¥799(税込み)
東京・白金に和菓子屋として創業して50余年。赤飯のおいしさが評判を呼び、いつしか主役に。千葉県産ヒメノモチで炊くコシのある赤飯は、大納言小豆か備中ダルマササゲかを選べる。●東京都港区白金台4‐7‐4 TEL:03・3441・1627 9:00~18:00 不定休

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >