2018/10/24 22:00

不足すると不妊の原因にも…体内活動の名脇役“亜鉛”って?

――身に覚えあります!

伊藤先生:不妊の原因にもなります。妊娠すると赤ちゃんの細胞をものすごい勢いで細胞分裂させないといけないので、亜鉛が必要。ほかに神経伝達物質がうまく働かなくなり、ウツっぽくなることもあります。さらにインスリンの中心要素は亜鉛ですから、亜鉛が足りなくなると血糖のコントロール不足が生じ、メタボの原因になることも。

――亜鉛の量は、血液検査で調べることができますか?

伊藤先生:もちろんです。亜鉛は鉄と入り口が同じだったり、銅と助け合って活動したりするので、これらミネラル群のバランスをチェックすることも大切です。

――1日にどのくらい摂っておくことが必要なのでしょうか?

伊藤先生:国の基準だと、1日10mgくらいとされていますが、私は30mg摂ることを勧めています。亜鉛は出番が多いので、多めに摂ってもまず中毒になることはありません。ただし、たくさん摂ると胃に負担がかかるし、鉄と同じようにタンパク質がないと体内で活躍できません。亜鉛の摂取量は、血液検査で栄養状況をチェックし、医師と相談して決めたほうがよいと思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >