2018/10/24 22:00

不足すると不妊の原因にも…体内活動の名脇役“亜鉛”って?

――亜鉛は、どんな食材に含まれていますか?

伊藤先生:亜鉛と鉄は、タッグを組んで活動することの多い栄養素。だから、鉄分の多い食材には、自然と亜鉛も含まれます。レバーは、その代表格。ほかに亜鉛が多いことで有名なのは、カキです。カキは100gに亜鉛を約73mg含みます。意外なところでは、牛ステーキにも多いんですよ。赤身肉は敬遠しないで、積極的に食べてくださいね。

続いて、そんな亜鉛を摂るための、レシピをご紹介! 亜鉛は、体内で生成されないので、日々の食生活で補ることが大切です。

■ カキフライ

摂取できる亜鉛の量:10.6mg(カキ5個80g)

あらゆる食材の中でも亜鉛の濃さはピカイチ!
旬を迎える冬にはぜひ味わいたい食材。“海のミルク”と呼ばれるほど栄養が豊富で、古くから滋養強壮に役立てられていたそう。

■ 焼き海苔

摂取できる亜鉛の量:0.1mg(全形1枚3g)※100g当たり3.6mg
海の恵みがつまった日本人のソウルフード。
海で育った海苔には、亜鉛以外にもミネラルがギュッと凝縮。しかも脂質はゼロで、食物繊維もたっぷり。おやつにするのもオススメ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >