2018/10/29 11:30

ポイントはカロリーより「低GI」 体にいいお菓子の選び方

脂質
天然のサプリとも称されるほど、ナッツ類は良質な脂質を含む。くるみは、コレステロール値を下げる効果のあるオメガ3脂肪酸が多い。ただし、カロリーが高いので摂りすぎには注意を。

食物繊維
腸の働きを促す不溶性食物繊維なら、豆類、果物を。腹持ちが良く、糖の吸収を穏やかにする水溶性食物繊維は、こんにゃく、寒天、昆布に。ドライフルーツは、加糖なしのものがベター。

ミネラル
カルシウムは、乳製品、ココナッツ、ナッツ類、小魚に多く含まれる。亜鉛はココアやビーフジャーキー。鉄を摂りたいなら、アサイーやキヌアなどのスーパーフードに着目を。

ビタミン類
果物類はビタミンが豊富。ビタミンCは加熱や切っておくことでも損失があるため、まるごと生で食べられる果物がおすすめ。ほか、くるみにはビタミンA、アーモンドにはビタミンEが。

北嶋佳奈さん 管理栄養士、フードコーディネーター。美容、健康に関するレシピを提案。著書に『デパ地下みたいなごちそうサラダ』(宝島社)。

※『anan』2018年10月31日号より。イラスト・ボブa.k.aえんちゃん 取材、文・野村紀沙枝

(by anan編集部)


【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >