2018/10/25 20:00

歴史は80年以上! 元祖“腸活”ヤクルトの知られざる4つの秘密

■ もともとは希釈タイプだった!

福岡市で製造・販売を開始した当初はビン入りで、水で薄めて飲む希釈タイプを採用していた。その後、飲み切りのビン、プラスチック容器へと変化。これによって訪問販売を行うヤクルトレディの負担軽減になり、飛躍的に発展したとか。

■ 独特のくびれには理由があった!

プラスチック容器を導入した1968年からこの形! このくびれ形状には、子どもから年配までみんなが持ちやすいように、そして一気に飲み干さずに、ゆっくりとおいしさを味わってほしいという想いも込められている。

■ お店では買えないヤクルトがある!?

数あるヤクルト製品の中で、乳酸菌 シロタ株が一番多く入っているのは「ヤクルト400」。実は店頭販売されておらず、宅配専用の商品。しっかりと特長を理解してから愛飲してもらいたいからと、ヤクルトレディが届けている。

■ 世界に腸活を広めたのはヤクルト!?

一人でも多くの人の健康に貢献するために、1964年から海外に進出。進出初期は乳酸菌を健康に役立てるという考えが浸透していない国も多く、ヤクルトの普及に苦労したとか。現在は世界で8万人以上のヤクルトレディが活躍中。

丸山英輝さん ヤクルト本社 広報室主事補。「ヤクルトはエスペラント語でヨーグルトを意味する“Jahurto(ヤフルト)”を元にした造語です」

※『anan』2018年10月31日号より。取材、文・鈴木恵美

(by anan編集部)


【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >