2018/12/01 14:00

魚料理をフライパンで! おいしくするコツは“塩とペーパー”

魚料理をフライパンで! おいしくするコツは“塩とペーパー”
魚料理をフライパンで! おいしくするコツは“塩とペーパー”
難しそうだと魚料理を避けてきた人に朗報です。身がパサパサになる、くさみが出る、グリルを洗うのが面倒…。魚にまつわる悩みを渡辺有子さんがプライパンひとつで解決してくれました。「おいしくするには塩とペーパーが必須」と渡辺さん。さてその訳は? まずはシンプルな塩焼きから秘訣を学んで。

■ 切り身なら、フライパンであっという間。

「いわゆる切り身の塩焼きも、いくつかコツを押さえれば、フライパンでも驚くほど上手にできるようになります」

魚料理で何よりも大切なのは下処理だと、渡辺有子さんは言う。

「調理前に必ず魚のくさみを取り除くこと。まず全体にまんべんなく塩をふり、5~10分おきます。魚から出た水分をペーパーで押さえるようにして、きれいに拭き取ります」

これだけで、魚料理の味は格段に変わるそう。ただ、その塩加減がまた悩ましく。「使う塩によって多少は変わりますが、片面に2つまみ、両面で計4つまみほどを目安に軽く上からふります。水分を拭いたあとは、仕上げに味付けとして“追い塩”を同量ふってください。実際にやってみると、思っていたより多いと感じるかもしれません」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >