2019/05/30 18:00

木工職人とショコラティエがのコラボ!? 味わいまで木の“木目チョコ”

木工職人とショコラティエがのコラボ!? 味わいまで木の“木目チョコ”
木工職人とショコラティエがのコラボ!? 味わいまで木の“木目チョコ”
スイーツライター・chicoさんがおすすめスイーツを紹介する「お菓子な宝物」。今回ご紹介するのは、『DRYADES(ドリュアデス)』の木目のバーです。

木目がきれいなこのチョコレート、木型で形作られているというから驚いた。チョコレートの型といえば大抵プラスチックやシリコンで、木型チョコなんて初耳。聞けばこの『DRYADES』、木製デザイン雑貨の『Hacoa』が始めたショコラトリーという。ショコラティエはパリ『ピエール・エルメ』などで研鑽を積んだ斎藤拓野シェフ。木の恵みであるカカオを通し、福井の木工職人×フランス帰りのショコラティエが起こす化学反応…想像するだけで心躍る! 木とショコラの職人が共に工夫を重ね、木目柄に彫り上げたメープル材の木型、それ自体が美しい型で抜くチョコレートはどこか温かな風合い。「〈木目のバー〉のランバーコレクションは木を食べるイメージで作りました」と斎藤シェフ。

実は味わいまで木で、木製雑貨によく使う木材から、チェリー、メープル、ウォールナット(くるみ)のフレーバーをチョコレートの中に忍ばせている。白木のメープルはブロンドチョコで、ウォールナット材の深いブラウンはダークチョコでと、木肌の色もぬかりない。チェリーの一本を齧れば、中からチェリージャムとピスタチオクランチがザクザク。果実の酸味も落ち枝を踏みしめるような食感も心地よく、木型チョコの森を散策している気分だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >