2019/07/16 20:31

京都で今行きたい「和菓子店」6選 焼きたてどら焼きがコーヒーに合う~

京都で今行きたい「和菓子店」6選 焼きたてどら焼きがコーヒーに合う~
京都で今行きたい「和菓子店」6選 焼きたてどら焼きがコーヒーに合う~
若い女性が作り出す愛らしい和菓子、日本酒と和菓子のペアリング、老舗の新展開……。京都では今、これまでの枠に囚われない、新しい和菓子の楽しみが広がっています。
■ どらやき 亥(イ)ノメ
[北野天満宮]

店主の大塚英晃さんは京都・桂の『中村軒』などで経験を積み、「和菓子に親しみのない人にも楽しんでほしくて」、コーヒーとも合うどら焼き専門店をオープン。イートインの“どらやき”は目の前の銅板で生地を焼いてもらえてワクワク。ラムレーズンバターなど好みのトッピングとドリンク付き¥750~。持ち帰り用はちょっと小ぶりで、あずき、黒糖、季節の味などが揃う。粒あんと生地がしっとりとなじむため、あえて翌日に食べるというファンも。¥170~(共に税込み)。上京区紙屋川町1038-22 10:00~17:00(喫茶12:00~15:30) 水・木曜(25日の場合は営業)、26日休

■ 茶房 一倫(さぼう いちりん)
TEL:075・761・5810[銀閣寺]

「カフェのスイーツのように和菓子を楽しんでほしい」と店主の藤田倫子さん。粒・こし・白、ぜんざい用と4種類のあんこを炊き、「合う」と感じた素材を組み合わせて、季節ごとのおいしさに。夏の定番、紅茶のあんわらび¥230は甘夏×白あんで爽やかに。みなづきは6月限定。桃ワインなど、夏はかき氷が充実。左京区浄土寺東田町19 11:00~18:00 水曜、木曜(喫茶のみ)休 Instagram:@ichirin1119

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >