2017/06/13 18:00

なんと1コイン!銀座でご当地米と郷土料理を食べ比べ!

 銀座で美味しいランチを食べたいけれど敷居が高い…という人に朗報だ。47都道府県の銘柄米を最も美味しく食べるプロジェクト「至高の一膳 食べ比べ亭」が期間限定で開催中。6月18日(日)まで、「プレミアムレストラン東京 金のダイニング」のランチタイム時(11:00~14:30/14:00LO)に行われている。

 値段はなんと税込500円。各地の銘柄米とご当地グルメがセットになったお得な一膳だ。

 今回登場するのは、北海道「ゆめぴりか」、秋田「あきたこまち」、岩手「金色の風」、新潟「新之助」の4種類(各御膳1日30食限定)。

 さっそく、「ゆめぴりか御膳」を注文してみた。炊きたての「ゆめぴりか」に郷土料理の三平汁、いくらの醤油漬けがついてくる。三平汁には名産の鮭や根菜、長ねぎを道産昆布で煮てあり、やさしい塩味で食べ応えも十分。いくらはプリプリでご飯の上にのっければいくら丼としても楽しめる。

 それにしてもご飯がおいしい。お米の甘さともちもち感があり、ご飯ってこんなに美味しかったの?と実感できるほど。じつはこのご飯、パナソニックの炊飯器「Wおどり炊き」の最新機種(SR‐SPX7)シリーズで炊かれている。御膳が出てくる前にWおどり炊き搭載機種で炊かれた米と非搭載機種で炊かれた米の食べ比べができるのだが、香りはもちろん、ツヤも濃く、甘み、もっちり感などは段違い。大火力おどり炊きと可変圧力おどり炊きの2つの炊き技で、うまさを引き出しているという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >