2017/06/15 10:14

安くて旨い!誰もが利用できる「官公庁レストラン」3選!

普段はなかなか行く機会がない官公庁。霞ヶ関や新宿など都心の一等地にあるお役所関係の施設にも、一般の人が手軽に食べられる食堂があるんです。今回は少し変わった食堂を3つ紹介しましょう。

●農林水産省

農林水産省の社員食堂「手しごとや 咲くら」では、国産食材を使った和食や洋食をカフェテリア形式で提供しています。「くじらの竜田揚げ」や「くじらステーキ」「くじらシチュー」が置いてあるのも、農林水産省ならでは。

特徴的なのはメニューに「自給率」が表示されていること。普段は考えたことのない日本の食糧事情に思いをはせながら食べるのもいいかもしれません。省内にはそば・うどんの「日豊庵」もあり、こちらではたぬき、きつね、わかめなどの定番メニューが200円台から食べられます。場所は地下鉄霞ケ関駅からすぐ。食堂だけなら入館手続きは不要なので、フラリと入ってもOK。

●東京都庁

東京・西新宿にある東京都庁には3つの職員食堂があり、一般人に開放しています。オススメは第一本庁舎の32Fにある「西洋フード」と「グリーンハウス」。窓際の席では都内を一望しながら優雅にランチを取ることができます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >