2017/12/31 10:14

おせちに飽きたら何食べる? 縁起物として古来より食べられてきたものとは

 年末年始は、どこで過ごしていますか? 自宅で、大切な人と外で、海外でなど、きっと、さまざまな人とさまざまな思いで過ごしていることでしょう。そして年越しの後は、盛大なお祝いと共に、食事をするかもしれません。そんなときは、ぜひおめでたいものをいただきたいですよね。

 料理レシピサイトのクックパッドが2015年に実施したアンケート調査結果では、おせち料理を元旦の朝に食べるという人が65%にも上っています。一方では、1月2~3日はすでにおせちに飽きている人が多く、ラーメンやカレー、焼き肉、パスタなどを食べたくなるという人が多くいました。とくに、ラーメンとカレーは断トツで人気となっているようです。

 また、年明けに食べるとおめでたいメニューとして「うどん」があります。それは、真っ白のうどんに紅い具を乗せていただく「年明けうどん」というもの。うどんが「太くて長い」ことから、古来より長寿を祈る縁起物として食べられてきたことを理由に、元旦から1月15日までに食べて、その年の人々の幸せを願うものなんだとか。

 年明けうどんは、さぬきうどんで知られる香川県の「本場さぬきうどん共同組合」が提唱、香川県だけでなく、全国のいろいろなうどん店でも提供されるそうなので、ぜひ実施店舗へ出かけてみるのも、新しい年始の過ごし方としていいかもしれませんね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >