2018/06/11 18:14

パサパサの「おから」を“しっとり”調理するコツ

 食生活アドバイザーの井原裕子さんの著書「毎日おいしい!おから手間なしレシピ」(学研プラス刊)によると、「おから」は食物繊維が豊富な上に腹持ちもいいので、食べ過ぎ防止につながるのだそう。きっとみなさんもヘルシー食材として重宝しているのでは? 大豆のうまみが美味しいおからですが、ちょっと気になるのが、パサついていてボソボソとした食感! そこで、そんなパサパサ感をなくす方法を調べてみました!

●油を多く使う

 料理研究家の冨田ただすけさんによると、おからの煮物のポイントとして、「サラダ油を少し多めに加えること」を挙げています。他の煮物よりも油をたくさん使うと、しっとりとした口当たりのいいおからの煮物ができるそうですよ。

●おからを炒っておく

 料理番組「キユーピー3分クッキング」(日本テレビ系列)で料理研究家の石原洋子さんが作っていた「おから煮」のレシピによると、しっとり仕上げるポイントは、おからを炒っておくことなのだそうです。ゴツゴツした塊がなくなり、ふんわりするまで空煎りするのがポイントだそうですよ。

 ボソボソやパサパサ感のない、“しっとり”おからをいただくために、ぜひ実践してみましょう!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >