2019/07/07 10:14

この煮方知ってる?煮物の基本を覚えて和食マイスターに!

 最近は、昔ながらの家庭料理を目にする機会が減ってきました。日本の家庭料理といえば、多彩で繊細な調理技法が使われています。これを伝えずに忘れられてしまうのは、あまりにももったいない!ということで、和食の煮方のバリエーションを勉強してみましょう。

■含め煮

「含め煮」とは、煮汁の味をよく染み込ませてやわらかく煮ること。例えば、野菜、芋、高野豆腐、椎茸、豆類などを“ほっくり”させたい場合などにこの煮方をします。食品メーカーのヤマキによると、含め煮のポイントは、薄味の煮汁をたっぷり使うことと弱火で煮ることだそう。煮汁を薄味にしておくことで、長時間煮ても味や色合いが濃くなりにくく、食材にしっかりと味を含ませることができるのです。

■うま煮

「うま煮」とは、魚貝類や肉と野菜を合わせて、照りが出るようにからっと煮あげるものです。甘辛く味付けしているので冷めても味が変わらず、早く悪くならないことから、お弁当に向いている煮方です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >