2019/09/28 18:14

料理の「作り置き」、そのデメリットを解決する新しい時短アイデアとは?

 ここ数年の傾向として、休日に「作り置き」をして平日のおかずを準備するのが当たり前になっています。これがうまくいくのはよいのですが、うまくいかない人もいるようです。いったい、どのような問題があるのでしょうか?

 うまくいかない理由として、「作り置きで休日がつぶれてしまう」「結果的に食費が割高になる」「味が単調になりがちで、あまり子どもウケしない」などがあるようです。実は最近、これを解決する方法として注目を集めているのが、「仕込み料理」なんです。

 仕込みとは、当日の朝に夕食のための準備をしておくこと。生肉に味を付けておいたり、キャベツを千切りしておくなどして、夕方は焼くだけ、盛りつけるだけ。これなら時短で済みそうです。この仕込み料理、バリエーションも意外と多いようで、例えばハンバーグならタネを作っておき、夕方は焼くだけにできますね。

 作り置きの時間を作るなら、デメリットが少ない「仕込み料理」が便利かもしれませんね。ぜひお試しを!



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >