2017/08/09 16:50

朝に柑橘系フルーツはNG!?紫外線ケア食材は、時間で食べ分けるのが正解♪

紫外線対策として日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、身体の内側からケアすることも大切です。しかし、紫外線対策に良いと言われる食材も、食べる時間帯によって逆効果になってしまうことがあるんだとか。そこで今回は、紫外線ケアの時間帯別OK&NG食材をご紹介します。

時間帯別の食べる紫外線ケア食材をチェック♪

紫外線ケアには、活性酸素の除去効果(=抗酸化作用)のある食材と新陳代謝の向上効果のある食材を摂るのが◎! というのも紫外線を浴びると、体内には細胞を酸化(老化)させる「活性酸素」が次々に発生します。このときに活性酸素からのダメージを抑えようと、日焼けの元となる「メラニン」が生成されます。そのまま放っておくと、メラニンが多く生成されすぎたり、新陳代謝が低下してシミの原因に...。でも紫外線ケア食材を種類別に、朝と夜で食べ分けて効果を最大限に引き出せば、これらの予防を狙えるんです♪

朝(紫外線を浴びる前)は「抗酸化作用」のある食材を!

紫外線による活性酸素のダメージを防ぐためには、紫外線を浴びる前に「抗酸化作用」のある食材を食べておくことがポイント。その代表的な栄養素と食材がこちら♪

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >