2019/01/08 11:00

閉店相次ぐ“立ち食いそば” 柴又の再開発で名店「新華」はどうなる?

大晦日の柴又駅前広場、観光客や参拝客で賑わう
大晦日の柴又駅前広場、観光客や参拝客で賑わう

 平成最後の年末年始。平成30年も激動の1年であった。経済では米中経済摩擦、トランプショック。立ち食いそば店も閉店が相次いだ。池袋西口の「大黒そば」、東十条駅北口前の「そば清」、新潟駅ホームの「新潟庵」、志村坂上駅近くの「いなば」など。

 神田三崎町の「とんがらし」は平成の元号が変わる頃に閉店と伝え聞く。平成時代を駆け抜けた昭和の名店が姿を消していくのは何ともつらい。

柴又の創業45年「新華」も閉店なのか……

 大都市や首都圏近郊の街中の個人経営の立ち食いそば屋は、昭和39年の東京オリンピックの頃に誕生し、サラリーマンの胃袋を満たし、高度経済成長を支えてきた。そして40年以上の年月を経て、その閉店の時を迎えている。理由はさまざま。後継者問題、大規模再開発などである。一つの時代が終わりを告げているようにも思える。

 柴又駅前広場にある風情ある外観の立食いそば屋「新華」も創業45年ほどになるそうだが、今年の2月あるいは3月には閉店になるという知らせを聞いた。「新華」もか……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >