2019/08/06 11:00

夏限定の神メニュー「豆腐そば」もう食べた? 山手線一周「冷がけ麺の旅」新宿~駒込編

 着丼したその姿をご覧ください。まさに豆腐一丁にショウガ、ネギ、おかか、そしてたぬきがのって登場する。その食べ方はさまざま。

「箱そば先生」こと、(株)小田急レストランシステムの箱根そば事業部部長の清水一洋さんは「氷山の一角を崩すようにして、豆腐と薬味をあえて食べ、そばをすする」そうだ。上品な食べ方だ。まあ、それぞれの豆腐一丁そばの食べ方でよいと思うが、箱そばファンにとっては記憶に残る夏の風物詩であることには違いない。

 麺は生麺の茹で上げ、冷たいつゆはしっかりしたタイプで、居酒屋の「たぬき豆腐」を食べているような雰囲気である。今年はあと何回食べることができるだろうか。

(2)新大久保駅10分 激安320円「冷やし天ぷらそば」

 暖簾会系の「長寿庵」ではない、立ち食い大衆そば系で「長寿庵」を名乗る店が大久保駅近くにある。山手線・新大久保駅からだと歩いて10分程度。ここは、ソバット団の本橋隆司さんもイチオシのディープなお店である。蒲田の「みよし庵」と並ぶ、激安そば店である。玉ねぎを大きめに切って揚げたかき揚げ天がのる「天ぷらそば」は300円。そして、その「冷やし天ぷらそば」は320円である。麺は茹で麺だがコシがありやや黒めの麺。つゆはしっかりとした濃い目の冷たいつゆである。かき揚げ天は揚げたてでアツアツ。冷たいつゆとよく合ってなかなかよい。しかし、本当にこの値段で大丈夫なのだろうか、と心配になるくらい安いのだ。隣の「牛すじカレー小さなカレー家」も安くて人気。どちらに入店するか、いつも悩む。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >