2019/09/03 11:00

かけそば200円、焼きそば200円……川崎の「ポツンと一軒そば」がハードボイルドすぎた

「星川製麺 彩」は、社長の星川正光さんと姉の和子さんで切り盛りしている。「(有)星川製麺」の4代目にあたるそうだ。「(有)星川製麺」は明治30年に創業した古参の製麺所で、今でもそば・うどん・ラーメンを製麺し、横浜市の学校などに納品している。その自家製麺を食べたいという要望が多く、1998年頃、製麺工場の前で焼きそばを販売したのが「星川製麺 彩」の始まりだったそうだ。

「かけそば」200円、「焼きそば」200円……とにかく安い

 さて、初めて「星川製麺 彩」に来た人は、きっとその外観の臨場感と、値段の安さ、そして女将さんのフレンドリー感に圧倒されると思う。

 店は製麺工場の外側にプレハブ増築したような造りで、道路に面している。ここで注文用紙に記入し前払いして、厨房横の飲食コーナーで待つ。あるいはそこが一杯なら、道路に面したテーブル、つまり青空の下で食べるというダイナミックな展開となるわけだ。

 壁一面に貼られたメニューをみて、またびっくりする。「かけそば・うどん」200円、「焼きそば・うどん」200円、「天ぷらそば・うどん」300円、「醤油ラーメン」300円、「麺増し2倍」80円、「麺増し3倍」160円。とにかく安いのだ。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >