2019/10/25 11:00

石垣が圧巻! 宇喜多秀家が築いた岡山城が“特別な城”である理由

東側の旭川対岸から望む岡山城天守。
東側の旭川対岸から望む岡山城天守。

 岡山城が別名・烏城と呼ばれるのは、かつて天守の外壁に張られた下見板に黒漆が塗られ、太陽の陽射しを受けるとまるで烏の羽のように重厚な輝きを放っていたからだとか。黒漆は織田信長が築いた安土城(滋賀県近江八幡市)や豊臣秀吉の大坂城(大阪府大阪市)、秀吉配下の家臣の城だけに採用された特別なもの。高価な上にメンテナンスに手がかかるため、限られた時期にしか使われていません。

 また、金箔瓦が葺かれていたことから金烏城ともいわれますが、金箔瓦も信長と秀吉が城に用いたものです。信長は親族の城のみに、秀吉は重臣の城のみに使用を許可し、ステータスシンボルとして政治的に活用していたとみられています。つまり、黒漆と金箔瓦の使用を許された岡山城は、特別な城といえます。

57万石の大大名が築いた「不等辺五角形」の天守

 岡山城を天正18年(1590)から築いたのは、豊臣政権下の宇喜多秀家です。秀吉の寵愛を受けて、異例のスピード大出世を遂げた人物です。「秀」の一字を与えられて猶子となり、前田利家の娘で秀吉の養女・豪姫と結婚。26歳にして五大老に就任し、順風満帆な出世街道を突き進みました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >