2017/06/15 11:00

「天ぷらを冷ます男は許せない」―直木賞作家3人が語る“食のこと”

©iStock.com
©iStock.com

「肉の会」を開催し、本場の肉を食べるべく韓国まで遠征もするという直木賞作家のお三方、江國香織さん、井上荒野さん、角田光代さん。作品の中でも数多くの“食”を描いてきた3人が、“母の味”や“食から見える人間関係”、“最後の晩餐”など食の魅力を語りつくす。
(出典:文藝春秋2015年4月号)

「肉の会」を開催する3人の女流作家

井上 月に1回、私たちが「肉の会」を開催しているというのを、編集部がどこからか聞きつけたようで、お声がかかった次第です。

角田 毎月、お店を変えておいしい肉を食べているだけなので、話せるようなことは何もないかも。仕事の話もまったくしませんね。

井上 そもそもは、江國さんから「美味しいすき焼き屋さんがあるよ」と聞いて、何人かで行ってみたのが始まり。もう7、8年前になるかな。だから、最初にすき焼き屋さんを見つけた江國さんのお手柄です。

江國 お手柄? そうかな(笑)。

井上 角田さんは何回目から参加していましたっけ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >