2017/06/04 07:00

意外! サラリーマンが集う焼き鳥屋が美味しいパンを出すらしい

©池田浩明
©池田浩明

 有楽町の交通会館、新橋のニュー新橋ビル……東京の東側の駅がどこもそうであるように、品川駅前にも昭和な地下飲食街がある。駅近の立地なのに安くて旨い店が並んで、会社帰りのサラリーマンの憩いの場所になっている。

 品川駅前にある秀和品川ビルの地下、「鳥てる」もそんな一軒。焼き鳥9本コース3400円(税別)がコスパ抜群。肉がものすごくでかいのだ。焼き鳥なのに、ステーキみたいに肉をがしがし噛み破る快感がある。大きいだけに風味も閉じ込められている。最高の焼き加減ともあいまって、表面がしっかり焼き締められて香ばしいのに、中からじゅるじゅると肉の旨味が流れ出してくる。外かり中じゅるは、おいしいパンと共通した特徴。この道25年の職人、青木良文さんは言う。

「口いっぱいにほおばって、むしゃむしゃ咀嚼するのが、僕の考える焼き鳥。焼き加減は勘としか言いようがない。部位によってぜんぶ変わってきます。脂が強い皮やぼんじりは焦げができるぐらい焼いてかりっとおいしく。ささみやレバーは表面だけさっと焼いてレア気味に」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >